2015年 06月 22日
またしても子鹿ちゃん。
朝イチで動物病院へ。
またまた腰が抜けて生まれたての子鹿ちゃんになっていたモン。

昨日までは「ダフ、ダフ」と忘れた頃に咳をしていたのですが
今朝になったらは鼻水も咳もなく抗生剤が効いた〜!

f0202170_22385413.jpg



微生物検査をしたシャーレを取り出し、慎重にどんな抗生剤にするか選んでくれて
選ばれたのがクロロマイセチン。
この抗生剤が効かなかったら鼻水を採取してウイルス検査の予定でしたが先生の予想的中!
また前回と同じ薬が処方され「飲み終わったら来なくていいから〜」と先生のお言葉。

モンの鼻に先生の耳を添わせて診たり、
喉のここを圧迫して咳が出たら気管支が悪化してるんだよなどと
数字だけに頼らず経験でも診てくれます。
本当に感謝です。
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by troncmont | 2015-06-22 22:40 | ●カラダの事、クスリの事


<< 初夏の梅しごと。      モンの憂鬱。 >>