2013年 11月 11日
開放。
夢を見たわけではないので夢を聞いていたのかな?
この日はモンの「キュン、キュン」と何かを要求する声で目覚める。

手術3日目の朝食。3分がゆ。
またデザートが!今度ははちみつレモンで酸っぱそう。
大好きなパイナップルジュースも冷蔵庫へ。
いつもだったらデザートもジュースも嬉しいのに食欲が湧かない。
かろうじておかゆは完食!

f0202170_20224122.jpg










 
 















お昼は五分がゆ。
食欲があってペロリと完食!

f0202170_20354416.jpg













晩ご飯は七分がゆ。
朝食みたいな晩ご飯だけど、ご飯を誰かが作ってくれるって有りがたいものですね。
きゅうりの皮も取り除いてあって食べやすくなっています。

f0202170_20394780.jpg


 
 
 
 
 
夕方、主治医が病室にやってきて病理検査の結果を持ってきてくれました。
検査を進めていっても良い結果がなかなか見つからず
PET検査でも癌が疑われていて、PET検査の画像は誰が見ても癌と分かる状態でした。
最初からパソコン画面のカルテに「Cancer」の文字が書かれていたのですが
私は不思議と冷静。(たかつんはメンタルが参っていました)
病名で泣くのも落ち込むのも最終的な病理検査を終えてからと心に決めていました。


約40日間癌だと思っていたのですが。病理検査の結果は「良性」
安堵感でいっぱい。
心配してくれていた友人たちにさっそく報告のメールをしました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by troncmont | 2013-11-11 21:23 | ●日常


<< いつまでも大切な友達。      生きるためには食べなくては。 >>