2011年 12月 04日
唄のチカラ。
金曜の夜から表参道のライトアップ。
今年も歩道橋は渡れないみたいでした。
クリスマスに近づくにつれ、混むんでしょうね。特に週末。

f0202170_2323273.jpg













この日はColabo Cafeで行われた
「響×キャンドルナイト -hibiki- vol.24」へ。
Colabo Cafeは地下で、初めて行くとちょっと分かりにくいのですが
以前、青山通りを1本入った所に会社があり、この辺りでよくランチしていたし
Colabo Cafeでマクロビの料理家の友人が
oneday cafeをオープンしたときに来たこともあるので、迷うことなく会場へは無事到着!

f0202170_2324582.jpg


この日は福原希己江さんの歌を楽しみにしていました。
福原さんの歌を知ったのはTBSで深夜放送されている「深夜食堂2」という番組。
「なんて優しくココロに沁みるステキな声なんだろう」そう感じたのです。

特に好きな「できること」は始めからウルウル…。
何度もYou Tubeで聴いていましたが、昨日CD注文しちゃいました〜んふふ♪
28日が発売日。楽しみだな〜。
生の歌声は本当に素晴らしかったです!
お会いしてお話しさせていただき、2ショットで写真を撮らせていただき、握手まで!!
いろんな事に感激し、晩ご飯が食べられませんでした。笑
たくさんチカラをいただいて元気になったライブは
これから先、忘れることのないライブとなりました。
ありがとうございます。



f0202170_0442484.jpg









3月11日からのことを思い返してみると…
ニュースを1週間観続けて
その後、各局が徐々にバラエティーを放送し始めるようになってからは
1日、1時間程度ニュースを観るのみとなり、テレビは全く点けない生活がしばらく続き
音楽も聴く気がしなかったです。
ただ静かなところで岩手の事を想ったり、支援できる事を徐々にしていたきがします。

そしてしばらくすると、音楽が聴きたくなり、聴いたのは全て邦楽。
日本語の歌詞に癒し励まされ、音楽でココロを撫でてもらっていた…そんな感じでした。
他の言語も分かれば洋楽も聴いていたと思うのですが
日本語も怪しい私ですので…ね。


それと、「がんばれ」って言葉の使われ方が、以前より慎重になった
世の中になったかなぁ…と感じている私ですが
昔から元気のない時に励まされていたのは
THE BLUE HEARTS 「人にやさしく」なのです。
骨のある…尚かつやさしさもある「がんばれ〜」に今まで何度励まされたことか。

今回の震災後、最初に聴いたのはこの「人にやさしく」だったかと。
次に聴いたのは森山直太朗さんで、姫路城で行われたライブDVDまで買って。


そういえば「人にやさしく」を初めて聴いたのはCDだったのですが
歌っている姿を初めて見た時はびっくり!
こんな優しい歌詞をあの方が!?って。笑

で、数年経ってまた歌っている姿を見て衝撃!
観るたび何度でもビックリするのでありました。笑

歳を重ねると書けなくなるような詩を未だに書けるのはやはり素晴らしい才能。
そして唯一無二の歌声も。
 

最近、寝る前に聴くのはPeggy Leeの「I don't want to play in your yard」
歌詞の内容が分からないところが眠りへの誘いとなっているのでうしょうか…
よく眠れます。
 


はぁ〜。
今日はなんだか長いこと書いてしまった。
支離滅裂なダラダラ記事を、最後まで読んでくださってありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by troncmont | 2011-12-04 00:42 | ●日常


<< いわて食。      立ち上がる! >>