2011年 05月 26日
トロンモンの岩手生活。
5月上旬。
八重桜はまだまだ見頃だった岩手。
桜って随分前に感じますけど、ついこの前も見てきたんですねぇ…。

そんな事もすっかり遠い日に感じてしまうくらい
慌ただしい一週間が過ぎようとしています。


f0202170_22521067.jpg













毎朝7時半頃に散歩に出かけていたトロンモン。

f0202170_22523472.jpg













女子会にも参加♪
ほっかむりのおばあちゃん…もとい、女子が可愛らしかったです!
女子のマイカーは椅子にもなる優れもの!!

f0202170_2254995.jpg













女子会参加後はご飯食べてボランティア活動終了まで
お利口に待っていてくれました。
トイレの失敗も無し!エライぞートロンモン!!

f0202170_22573984.jpg













ずっと寝ているかと思ったら、こっそりばあちゃんがトロンモンを
覗きに2階に上がったりしていたみたいです。

f0202170_2304549.jpg












ばあちゃんは93歳。
認知症の症状もかなり進行していて
朝と夜も分からなくなって
夜中に起きている音が聞こえてきたり
私が食事の支度をしている側から離れず何度も同じ話を繰り返したり。

ある日は朝5時にキッチンからの音に目覚め
キッチンへ行ってみると
ばあちゃんがトースターの電源コードを炊飯器にさそうとして
コンセントを探していたり。

「もう自分でも訳が分からなくなって泣きそうになる…」って
カーテンも開けず薄暗いキッチンでばあちゃんがしょんぼり。
「最近は何でも電気で、コードがいっぱいだから難しくて
私も分からなくなるよ〜」って慰めていました。

f0202170_2323031.jpg












たかつんと手をつないで
工事中の庭を散歩しているばあちゃん。

亡くなったじいちゃんとは手をつないでデートってしたのかな?

f0202170_2312981.jpg



「自分の足じゃないみたいに感じることがあってだめだ…」とばあちゃん。
「誰の足だろうね〜?もし私の足だったら返してね」
と言ったら、ばあちゃんはケラケラ笑っていました。

私の後追いをしたり、甘えたり…。
ばあちゃんは子供に戻ったのかもしれません。
 
 
 
[PR]

by troncmont | 2011-05-26 23:20 | ●「I♥いわて」


<< 思いを言葉に。      ボランティア活動。 >>