2011年 05月 25日
ボランティア活動。
初めてのボランティア活動。
今まで育てていただいた地元の方々へ
少しでも恩返しが出来ればと思いながらの活動開始!

活動前に社会福祉協議会へ行き、衣服に貼るボランテェア活動のシールをいただき
1日目、2日目の午前は仮設住宅への物資の搬入。
午後からは物資の仕分け、3日以降からは
10時〜14時30頃まで物資の仕分け。
活動後は社会福祉協議会へ行き、活動報告書を書いて帰宅という生活を送っていました。

f0202170_8221559.jpg













テニスコート4面分の広さにたくさんの物資。
初めて目にした時には善意が詰まってる!!…と思ったのですが
仕分けしていくうちに様々な事が見えてきます。

f0202170_8282693.jpg


※ ウエストバッグには軍手、カッター、マスク。これは正解でした!
 太いサインペンがあったら大正解だったと思います♪















f0202170_8284356.jpg















f0202170_82986.jpg







物資の仕分けをする前は、まさかこんなに物資が届いているとは思いませんでした。
個人や団体からいただいた食品は1つ1つ開けて賞味期限ごとに仕分け。
これだけ大量の物資ですから、仕分けするのには手間と時間がかかり
被災者の手元に届くまでは出来るだけ賞味期限が長いものが求められると思います。

ここの場合は、全国または海外からも物資が届けられていて
とても恵まれていると思います。
本当に有り難いですね。

しかし。
残念ながら賞味期限切れの物資…中には一昨年のものだったり
ボリボロの布団や衣類、泥汚れがひどいものや黄ばんだ肌着…。
企業の倉庫整理?とも感じるような大量の賞味期限ギリギリの物資の数々…。
そんな物資も多くあるのが現実です。


ゴールデンウイーク辺りまでは人手もそこそこあったらしいのですが
最近では2〜5人で(レギュラーは2人)この大量の物資を仕分けしているとの事で
この物資を仕分けし被災者のもとへ行き渡るようにするのにはマンパワーが必要だと感じました。
[PR]

by troncmont | 2011-05-25 08:56 | ●「I♥いわて」


<< トロンモンの岩手生活。      何が写る? >>