2011年 04月 19日
東京からのボランティア。
桜ぽとり。

f0202170_2241075.jpg













ソメイヨシノはもう葉っぱだけになってしまいました。
そろそろ桜前線は被災地に届いた頃でしょうか?

f0202170_2253816.jpg







今回の被災で多く目にする岩手県の映像は被害の大きかった宮古市から陸前高田市。
しかし青森に隣接した洋野町、久慈市、野田村、普代村、田野畑村、岩泉町も被災しています。
岩手県は広大です。四国がスッポリ入ってしまいます。
そんな岩手県沿岸は、リアス式の入り組んだ地形ですので小さな集落がたくさんあります。
避難所に行っていないご年配の方も多くいるのではないかと心配していましたが
まだ水道も復旧していない自宅で避難生活をしている方々もたくさんいらっしゃると
岩手の情報を集めている時に、東京からボランティアで行かれている
「ブルーシート」さんのブログで知りました。

ブルーシートさんのブログ


私もブルーシートさんに、ほんの気持ちだけ物資を送ったり
また、これもほんの気持ち程度の義援金を送金しましたが
実家が被災した私からの義援金は不思議な感じとのメールをいただきました。

実際、私が送金する事によって、
逆にいろいろお気遣いいただく事になるかも…。
とも思ったのですが、実家の父は足を伸ばして眠る事も、温かいご飯も食べられる状況です。
それと67歳の父ですが、これから10年は働きたいとも言ってますし。

なかなかボランティアの方が入らないと思われる地域に
物資を運んでくださったり、瓦礫撤去のお手伝いをしていただいている
ブルーシートさんには、とても感謝しています。

たとえ私が送った安ものだとしても、父だけが綺麗な服を着て仕事をしても
街が元気にならなくては意味がありません。
父には必要最低限の下着や服しか送っていません。
祖母が使っている古い小さな冷蔵庫の買い替えの話をしたのですが
まだ使えるし、自分で働いて買い替えると断られました。

父とも電話で話したのですが自分だけではなく
街全体の事を考えようと。


無理をすると長続きしませんので、活動は小さいものですが
長く続けたいと思います。



※ ブルーシートさんにトロンモンブログで活動の紹介の了解をいただきました。
[PR]

by troncmont | 2011-04-19 22:54 | ●「I♥いわて」


<< 再開続々。      日本の桜。 >>