2011年 04月 11日
あの日から。
昨日は銀座にある岩手のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」で行われた
「We Love Iwate Save Iwate フェア」へ行ってきました。


岩手を元気にしたい!と集まった県内業者有志と、震災ボランティアSAVE IWATEとの共催企画
津波の被害からまぬがれた宮古の新鮮魚介、岩手県産の野菜
短角牛などの肉類、通年放牧で育てた牛から搾った牛乳、わんこそばなどを販売します。    (〜いわて銀河プラザホームページより)
           

                                                                                                                               

宮古の毛ガニ、きざみ茎わかめ、ごま摺り団子
ホタテのせんべい、一粒栗どら焼き を買ってきました。                                                                                 

f0202170_22234598.jpg













ごま摺り団子のパッケージ、「とろりん」の「リ」が目に入らず
「とろん」に見えてしまう親バカな私。
ちなみに銀座線に乗車し、虎ノ門を通過した時は
「トラのモンかぁ…」と妄想。
…もう手がつけられません。

f0202170_22235743.jpg


銀河プラザの帰りに岩手3大麺の1つ、じゃじゃ麺を食べて帰りました。
(ちなみにこの日たかつんはお留守番)
三軒茶屋にある「じゃじゃおいけん」さんは
食べたじゃじゃ麺の中でも一番美味しいお店です。
そして売り上げの一部は被災地へ寄付されています。

帰宅後は黙々と毛ガニを食べました。
びっしり身の詰まった毛ガニは味が濃くて美味しかったです。

銀河プラザで買い物して、じゃじゃ麺食べて
家で宮古の毛ガニが食べられる…なんて贅沢な1日なんだろう。
布団に入りながら幸せな気持ちいっぱいでした。












ちょっと戻って金曜。
友人がワンコを連れて遊びにきてくれました。
土曜の夜も遊び疲れているトロン。
いっぱい遊んでもらったもんね。よかったね♪

f0202170_11225634.jpg













モンの瞼も持ち上がりません。

f0202170_22512291.jpg













リビングから見える桜は山桜。
芽吹き始めた木々の枝や新緑とのコントラストが毎年綺麗。
山桜は満開になったと思ったらあっという間に散ってしまいます。
ソメイヨシノみたいな華やかさはないのですが
控えめで素朴で可愛らしいです。

f0202170_22513944.jpg












今日で震災から1ヶ月。
空には虹が架かっていました。

ちょうど1ヶ月目の空に虹なんて…
これは絶対、希望の橋です。

f0202170_22515843.jpg

 
 
 
あの日から考え方や価値観が大きく変わりました。
ばあちゃんから昭和8年の津波について聞いていたんだけど
その話はどこか遠いところで起こった話くらいにしか感じなかった子供の頃。

今回の震災で友人のお父さんは亡くなり、6年生の時の担任の先生や友人のお父さん…
まだ家族と連絡が取れない人がたくさんいます。
そんな人たちには頑張れとか復興とかいった言葉はまだ考えられない状況かと思います。

「体に気をつけて。私ができる事は私が頑張るからね」
私はそう声をかけたいです。
   
 
 
[PR]

by troncmont | 2011-04-11 23:19 | ●「I♥いわて」


<< サクラサンポ。      北へ北へ。 >>